株の紹介

株を簡単に一言で言えば会社の一部の物をお金で預かるためのものです。会社が株券を発行する主な目的は、企業が資金調達をするためです。その資金調達の一部のためにお金を出す事になるので、株を買うと言うことは会社のオーナーの一人になる事が出来ます。それを引き換えに企業は投資家などが株を買ってくれた資金を元に事業を拡大します。
株は売り買いが出来るし、買い足す事も出来ます。
株はお金であり、資産になるので株を手にする事でいろいろなサービスが受けれます。
会社にお金を預けて貰うことの証明書でもある株券なので、会社は利益が出れば株主に利益の中からお金をあげなくてはいけません。
また、上場せずに潰れた場合は株券は紙切れになってしまいお金は戻ってきません。
潰れなくてもお金がかえってくる訳ではありません。
株は会社の役員や社員も所有している場合もあります。
社長が半分持っていたりもします。
株券のパーセントでランクもあります。

株って意外と簡単です

沢山の中から魅力的な、信用出来るなどの中から会社を選びます。
会社をしたい、セレクトショップをしたいと思い、あなたに投資しよう!って人がいればそれでも大丈夫です。
その中で出資をしてくれた分のお金を証明するのが株券です。
株券を持っていると、売高などに応じて利益の一部を配当金として支給してもらえます。
また、そのお店などの割引券や優待券がもらえる場合もあります。
それが株主優待です。
なので株を持てば配当金と株主優待が受けれるのでメリットになります。
配当金が上回る場合はプラスになります。
それいいな、その会社素敵!って思う人が増えるとそこの株を買いたい人が増えるので株価が上がります。
その株自分が買った時より高く買いたい人に売ればその差額が利益になります。
株券が出来るまでは簡単な事ですが、株はお金にもなる貴重なものです。
担保にする事も出来るくらいの価値がついているのもあるので買う時は慎重に選ぶ必要があります。

お金が集まる会社の為に

株券を沢山の人に買ってもらい、会社を知っている人が増えるから、会社自体を大きくする事が出来るのが一番のメリットです。
また、株式会社の方がネームバリューもあります。
有限会社よりは株式の方が見栄えもありますし、信用も変わってきます。
利益の一部を配当金で配る必要がありますが、利益がでれば、配当出来る金額があればなのですぐに支払う必要はないので軌道に乗るまではお金の心配も少ないです。
会社を信用してもらいお金を出してもらうので、会社自体が内側しっかりなるのもメリットだと思います。
株主の方からよりよい会社にする為のアドバイスや助言もしてもらえます。
会社がよくなればよくなる程資金も集まるので会社自体の規模も瞬く間に成長して行く可能性が高いです。
会社の在庫や賞味期限が近い物をサンプルとして配る事も出来るので、廃棄の物も減り、倉庫整理も出来るので出費を抑える事が出来ます。
会社も株主にもいい事づくしになります。

メリットづくしの株投資

利息がつかない銀行よりも、自分で投資して運用する事でお金が増える可能性が高いです。
一万程度からする事が出来ます。
買った株が買値より上がればその差額が丸々手元に入りますし、株を担保にしてお金を借りる事も出来ます。
差額で新しい株を買うのも出来ます。
もし、買った時より下がっていても時期に上がる場合もあるので駆け引きも楽しめます。
自宅にいながら株の取引を仕事にされている方も沢山います。
株を売ることも出来ますし、株主配当金や優待サービスを受けれます。
コンサートや、遊園地に行ける場合もあります。
試供品や、新商品のサンプルモデルになったりも出来るので株を持ってる会社の商品を楽しむ事も出来ます。
開発途中の物を試したり、会社の為に助言が出来ます。
株主総会があれば会社に対しての不満なんかも言えるので会社の社長さんが変わったりする力も沢山の人が集まれば出来ます。
株自体に価値があるので、潰れない限りは資産として所有出来ます。

初心者におすすめ株の情報サイト

「株初心者に贈る株式投資入門」 儲けが出る株取引方法を解説