株式取引 現物買いについて

株式取引における現物買いとは、自己資本で株式を購入することです。つまり、自分でお金を用意して、それを証券会社の口座に振り込み、証券会社を通して株式を購入することをさします。現物買いでは基本的には、資産としてもつ、つまり配当金や株主優待狙いだったり、買った時と売った時の差額で利益を生み出します。現物買いは信用買いとは違うて点がいくつかあります。まず、レバレッジがかけれないので自己資本から利益を生み出さなければなりません。

また、信用取引ではないので証券会社に払う手数料は売買手数料だけですみます。信用取引だと株を借りたり、お金を借りたりするのでそれに対する金利を払う義務が生じてきます。また現物買い、現物口座だけ所持していると貸株という制度を利用でき、自分のもっている株式を証券会社に貸して貸株料を得ることもできます。現物買いでは、差金決済が禁止されています。どういうことかというと、1日のうちで1銘柄の「売却をし買付けし売却」または「買付けをし、売却し、買付け」ということができないのです。

現物買いのメリットは何なのか?

株式取引においての現物買いでの大きなメリットと言えば、リスクを大きく抱えないことです。信用取引をしてしまうと自己資本の元本を割ってしまい、大きな損害を抱えてしまう可能性があります。しかし、現物買いではそのような恐れがなく、もし持っている株の会社が倒産してしまっても負債を抱えてしまうことがないのです。個人投資家で有名なBNF氏も基本的には現物買いでの取引をしているそうで、BNF氏いわく、信用取引は資産が0以下になる恐れがあり、危ないから信用取引という考えは基本的にはないそうです。

また、信用取引では強制決済があるので自動的に決済が行われるのですが、現物買いは自分で決済をしていきます。なので、含み損を放置しておいて含み益になるまでまつこともできます。また。現物買いで株式を購入しておいて、放置しておいて配当金だったり、貸株料だったり、株主優待などを受け取ることができます。なので、不況のときに現物買いをすることでそれを長期保有し、配当金や株主優待を受けながら、好景気になったら一気に売り抜くという方法を取ることもできます。

現物買いのデメリットについて

株式取引の現物買いのデメリットは基本的にはあまりありません。投資にはリスクがつきものですが、現物取引は信用取引と比較するとものすごいリスクが少ないからです。デメリットをあげるとしたら、レバレッジ、他人資本で取引をしないため、自己資本が必要になってきます。なので、ある程度余裕資産がないと取引をすることができません。なので、例えば100万持っていてそれで取引をしていてものすごい利益を上げたとします。もしも信用取引でレバレッジをかけていれば自己資本の3倍ほどで取引ができたのでその分利益を獲得するチャンスを逃した事にもなります。

また現物買いは上昇相場でしか通用しないのもデメリットになります。下降相場で買い方から入るとなると基本的にリバウンド狙いとなるので利益狙うのが難しいのです。信用取引なら空売りができるので下降相場でも利益を狙いっていくことができるからです。それを考えると、下降相場では完全に底打ちをしなければ、初心者にはとても難しい相場になってしまいます。

株をやるなら現物買いから始めよう。

ネット取引が始まってから、ものすごい個人投資家が増えました。安倍政権が誕生してからアベノミクスが始まり株を始める人が多くなりました。そこで気をつけて欲しいのはアベノミクスは上昇相場なので言ってしまえば誰でも儲けることができました。なので、初心者でも株を買えば儲けることができたので自分には株の才能があると錯覚している人が多くいます。現状、中国ショックや現在の下降相場でそういった人たちはものすごい勢いで損をしていっています。どうしてかというと、その錯覚のせいで信用取引に手を出してしまっているからです。株の才能があるというのは、下降相場でも食べていけるだけの利益を獲得できる投資家の事を指します。始めたばかりは、取引の仕方、チャートの味方、投資家心理などそういったことは全くわかりません。なので、まずは現物取引をしながら日々変わっている相場の勉強をしていく必要があります。

アベノミククスで信用取引で大儲けした人が多くいるというのも事実ですが、それで調子に乗って多くの初心者が信用取引で損失を出しています。なので、いきなり株で、信用取引で大きく稼いでやろうと考えるのではなく、まずは現物買いから初めて相場の勉強から始めていきましょう。

Comments are closed.